ワンツーの打ち方のコツ

インサイドを打ち抜くワンツーの打ち方をご存じですか?
ボクシングで相手のガードをかいくくり、自分のパンチを当てるには、ワンツーなどの複数のパンチを組み合わせるて打つコンビネーションが欠かせませんね。

 

 

そして、ジャブ(左ストレート)から右ストレートをワンツーのタイミングでの打つコツは、やや体を内側に捻るようにして左ストレートを打ち、そのまま右ストレートを打ちましょう。
このようにすれば、自分の右拳が相手の左手のガード内側にくるようになり相手の顔面をとらえやすくなるんですね。

 

 

ですが、左ストレートを打つ時に体を捻らずに自分の胸が相手の正面を向くようにワンツーを打ってしまうと、右ストレートが相手の左手のガードに阻止されて真っ直ぐに当てることが難しくなるのです。

 

 

そんなこともあり、多くの選手に見られるのは、左手のガードに阻止されないように打とうとして、外から回すようなパンチになってしまっていることが多いです。

 

 

したがって、インサイドで真っ直ぐにワンツーを当てるようにするには、左ストレートに合わせて自分の体を捻り、右の拳を相手のガードの内側にくるようにさせ、左ストレートと同じラインを通るようにして右ストレートを放つことでしょう。
また、アウトサイドに踏み込みすぎてしまうと、自分の胸が相手から良く見える形から左右のパンチを打つようになるので注意が必要です。

 

 

なお、ワンツーで押さえておきたいのは、打った時の腕を右頬に付けて、相手の反撃を抑えることや、後ろ足をうまく使い、背後からのパワーを活かすなど、ワンツーを磨くためには不可欠なコツがあります。

 

 

この元・東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和監修のボクシング上達プログラムDVDでは、それらを含めたワンツーのコツが4点分かりやすい映像で実演で解説してあり、これを参考にイメージトレーニングするだけでも上達が見込めます。

どちらにしても、人より際立つものを身につけることが出来れば、あなたのこれからの人生を大きく変える大きな力になるでしょう。

 

強い選手は知っている、ワンツーを究めるための4つのポイントをお教えします!

コツを掴めば誰でも格段にレベルアップ出来ます。

 

ボクシング上達プログラムの詳細を見てみる