ダブルのコンビネーションブロー

ダブルのコンビネーションブローを上手く使っていますか??
これは同じパンチを、2発連続して打つコンビネーションブローです。

 

 

最も一般的なのが左ショートストレート、いわゆるジャブによるダブルです。
コンビネーションにはワンツーなど、左右の手を交互に使って打つほうがリズムよく打てますが、それでは相手に動きを察知されてしまいやすいです。

 

 

そこで同じ手を使ったコンビネーションを使うことで、相手の予想の裏をかき、意表を突くこともできるわけです。
何より、むやみにパンチを打つのがコンビネーションではありません。

 

 

試合での状況に応じて効果的なものを選択して使う必要があるので、相手の動きを十分に読んでから打つことが大切です。
また、一つひとつのパンチは基本どおりにうつことが望ましいですが、連続して同じ手を使って打つ以上、上手くいかないこともあります。

 

 

その為、個々のパンチは全て強く打つ必要はなく、全てをヒットさせようとしてしまうと、力が入ってしまい動作がぎこちなくなってしまうので、それぞれのパンチの強弱は自分で状況を見て判断しましょう。

 

 

また、連続攻撃ではどうしても攻めることのみに意識がいってしまいがちになり、思わぬ反撃をくらうこともあります。
特に、ボディへのフックなどの近い距離でのダブルのコンビネーションでの防御が手薄になると、致命的なダメージを喰らう恐れもあります。

 

 

それを防ぐには、片方の手でしっかり防御し、フットワークを使って相手から打たれにくい位置を保って攻撃することが大切です。
また、フックやアッパーのダブルはバランスを崩すことが良くあるので、打ち終わったら、素早く基本姿勢で戻れるような重心置き方を身につけることも必要です。

 

 

なお、実際の試合で繰り出すパンチは、一つないしは二つ当たれば良い方なので、シャドーなどでコンビネーションを入れて練習する時には、組み合わせるパンチに強弱を持たせて行うようにしましょう。

 

 

この元・東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和監修のボクシング上達プログラムDVDは、ワンツーにボディとフックを組み合わせた強弱を使ったコンビネーションなども学べ、これをしっかり身につけれは、相手はついてこれず強烈なダメージを与えることが出来るようになれます。

 

超必見!同じ手でジャブとフックを打ち分けるコンビネーションの打ち方とは?

 

ボクシング上達プログラムの詳細を見てみる