スウェーバック(スウェーイング)のコツ

ボクシングの防御法であるスウェーバックで、相手のパンチを外すことが出来ていますか?
軽快にステップしながら上体を後ろに反って相手のパンチをかわすのがスウェーバック、もしくはスウェーイングとも言われ、ストレートやフック、アッパーなど、どんなパンチにも使えますね。

 

 

タイミングよく上体を反らして引くことが出来れば、仮にパンチが当たっても威力を半減させることが出来るのです。
ただ、相手との距離が近い場合やロープ際などに追い込まれた時などは、上体を反らしても相手のパンチが届くので、使えないという欠点があるので、避け切れるか微妙な時は迷わず他の防御法を選んだ方が良いでしょう。

 

 

また、プロなどの試合を見ていると、スウェーバックを簡単におこなっているように見えますが、上体だけを反らしてパンチをかわすので、相手のリーチの長さ等の距離を把握して、正確な間合いをとることが欠かせないなど、高度なテクニックが必要です。

 

 

このように相手との距離が離れている時に有効な防御法で、パンチが顔面に来た時などに上半身の動きだけでぎりぎりでパンチを避ければ、相手に無駄に打たせてスタミナを消耗させることも出来ますね。

 

 

その為、スウェーバックはファイタータイプのように積極的に前に出て打ち合う接近戦を得意とするボクサーより、比較的に相手との距離を取るボクサータイプの防御法とも言えるかもしれません。

 

 

どちらにしても、試合で勝つには、避けるだけでは勝てないので、ステッピングやダッキングなどを組み合わせながら、相手の攻撃を防御しながら、反撃に出る必要があるでしょう。

 

 

この元・東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和監修のボクシング上達プログラムDVDでは、スウェーバックの習得法はもちろん、これをきっかけとして反撃する方法も分かりやすく学べ、利き手ではない方の手の使い方にこれを身につけるコツがあります。

 

攻撃的なディフェンス法を手に入れれば、これまで以上に勝てる可能性がグンと高まり、強いボクサーになれるでしょう。

 

反撃の為のスウェーバックのコツと習得法をお教えします!

 

ボクシング上達プログラムの詳細を見てみる