ジャブの練習

ボクシングをはじめたばかりの初心者の方は、まずは基本パンチのジャブの練習をやっていくといかと思います。
左ストレートは、ジャブ、リードパンチとも言い、相手に最も近い位置からは放たれるパンチで試合でも頻繁に使います。

 

ジャブの練習

 

相手を牽制したり、距離を測ったり、敵の出ばなをくじくなど様々な使い方があり、最も基本であり重要なパンチです。

 

 

そんなジャブの練習としては、まずはサンドバックを使います。
最初のうちは腕が伸びきったときにサンドバッグに当たる距離で行い、常に中心に向かって打つようにしていきましょう。

 

 

この時に、頭の高さに2発くらいのパンチを打った際に、正しく打てていればバッグは回転せず前後に軽く揺れます。
ですが、バッグが回転してしまったりするようなら、ポイントを外してしまっています。下手をすると手首を痛めたりすることもあるので注意してください。

 

 

また、バッグが大きく揺れてしまうようなら押しています。
ジャブを打つ時には、まずはパンチを真っ直ぐに出すようにしていきます。

 

 

それには拳を回転させないようにすれば、真っ直ぐな軌道になり、綺麗なストレートで打つことが出来ます。拳を真っ直ぐに伸ばした時に左肩の筋肉が左頬につくぐらいにするといいでしょう。
特に接近戦では、距離が近いので、拳を回転させないほうがスムーズに打て、それだけ強いジャブになります。

 

 

この動きがしっかり出来るようになってから、拳の回転を使ったストレートの練習をしていくといいかと思います。

 

 

また、ミット打ちは初初心者ならフォームを崩さないで真ん中を打つことを意識して練習していくといいです。
初めに悪い癖をつけたら後で直すのが大変なので、基本フォームを作ることを意識して行っていきましょう。

 

合わせて読みたい関連記事

左ストレートの打ち方