ジャブとは?

ボクシングにおいて基本のパンチとも言えるのがジャブですね。
ジャブとは、自分の攻撃に対して相手がどういったディフェンスなどの対応をしてくるのか探る為に使うのが目的です。

 

 

一般的には左手を真っ直ぐに伸ばて打つパンチである左ストレートがジャブとして考えれています。
それには、オーソドックスの選手にとっては、左ストレートが最もモーションがが小さく、相手にカウンターをくらう恐れが少ないポンチだからです。

 

 

相手の反応を探るのに、あえてリスクの高いパンチを打つ必要はありませんよね。
ジャブを打つ目的やその危険性をを考えた場合に、左ストレートをジャブとして使われることが多く、その為に左ストレートがジャブとして一般的に多く使われているわけです。

 

 

ですが、こちらの左ストレートに対して、相手が反応を示さなければ、いくら左ストレートを打っても、ジャブとして機能しません。
そんな時は、あえて右ストレートだったり、左フック等の他のパンチを打って、相手の対応を見て攻撃を組み立てることも必要になるでしょう。

 

 

いずれにしても、ジャブはボクシングにおいてとても重要なパンチで、使う回数を考えたら、左ストレートをジャブとしてしっかり打つことが基本です。
しかし、ジャブを状況に応じて試合で効果的に使う為にも、左ストレートをイコールジャブという思い込みは持たないようにしたほうが良いでしょう。

 

 

なお、ジャブは非常に重要なテクニックの一つであるにも関わらず、おろそかにされがちです。
その為、まずは真っ直ぐにパンチを出すことを根本に植え付ける事が必要でしょう。、

 

 

この東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和監修のボクシング上達プログラムDVDでは、そのための脇の使い方や肘の使い方、顔と腕との連動性を考えて、練習に取り組めるように、それらをまとめて分かりやすくDVDの映像で解説してあります。

まるで優れたあなたの専属のトレーナがそばで教えてくれているかのように上達でき、しっかり取り組めば強さと上手さを兼ね備えたボクサーになれるでしょう。

 

ここで差が出る!効果的なジャブを打ち方をお教えします!

 

ボクシング上達プログラムの詳細を見てみる