デイフェンス(防御)の方法

ボクシングでは、攻撃と同じように大切になるのがデイフェンス(防御)です。
ここでは基本のディフェンスの方法と、そのコツを中心にお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

デイフェンス(防御)の方法記事一覧

パーリングが上手く出来ていますか?パーリングは、主に相手のストレートなどのパンチを自分の手で払いのけるディフェンス方法ですね。相手の右のパンチは自分の左手で、左のパンチは右手でパーリングを行います。例えば、構えている状態で、相手の左ストレートが来たら、自分の右腕の肘から先で相手の拳を叩くようにしてパンチの内側や外側に軌道を変えて力をそらします。また、パーリングは拳一つ分だけでも軌道を変えればディフ...

防御の基本ともいえるのがブロッキングですね。これは右手で相手の左フックなどの横方向から来るパンチや、もしくは左手で相手の右のパンチを手や腕、肘などを上げて相手の拳を止めてブロックするディフェンスのテクニックです。更に、相手のパンチの威力を半減させることも出来るわけです。ですが、ブロッキングのやり方で気をつけたいのは、相手が左フックを打ってきた場合なら、自分の右手の甲が相手に向いていると、パンチ力が...

ステッピングが上手くできますか?このステッピングはフットワークを使ったボクシングの防御方法のひとつで、軽やかにステップして相手のパンチをかわします。また、相手との間合いが近すぎず遠からずの中距離程度の時に特に効果がある防御(ディフェンス)のテクニックです。このステッピングが上手くなれば、相手の攻撃をかわすのと同時に、左右や斜め前にステップして踏み込んで、すぐに攻撃の態勢に入れるなど、攻撃の第一歩と...

ボクシングの防御法であるスウェーバックで、相手のパンチを外すことが出来ていますか?軽快にステップしながら上体を後ろに反って相手のパンチをかわすのがスウェーバック、もしくはスウェーイングとも言われ、ストレートやフック、アッパーなど、どんなパンチにも使えますね。タイミングよく上体を反らして引くことが出来れば、仮にパンチが当たっても威力を半減させることが出来るのです。ただ、相手との距離が近い場合やロープ...

上体の上下運動でパンチをかわすダッキングがしっかり出来ていますか?ボクシングで敵がパンチを出したと思った瞬間に、軽く膝と腰を曲げてかがんで、パンチを避けて空を切らせる防御方法がダッキングです。その為、柔軟な膝の上下左右運動が必要になりますが、かわして相手の腕が自分の頭上に伸びている瞬間というのは絶好の攻撃のチャンスにもなりますね。いちはやく重心を外側に移動させれば、相手のボディにパンチを打ち込むこ...

ボクシングでは攻撃することで勝つことが出来ますが、当然のことながら自分に対して攻められることにも備える必要がありますね。中でもロープ際を背にした時や、コーナーに追いつめられた時などは動ける範囲が限定されて、相手の攻撃をまともに受けやすくなるので、フットワークを巧みに使って、そのような展開にならないようにするのが理想でしょう。とは言え、防御としてロープ際やコーナーから抜け出す術を身につけておくことも...

ボクシングの攻撃と防御の動きが一体になったウィービングが上手く出来ますか?対戦相手が強くなってくるほど、パンチにもスピードがあり、動きにも無駄がなくなってくることから、相手がパンチを打ってきてから防御の動きをしても間に合わないことも少なくありませんね。そこで、その前から上半身を前後左右に小刻みにトリッキーに動かすことで相手にパンチの的を絞らせないようにします。この動きがウィービングになり、効果的な...