パンチの打ち方

ボクシングには様々なパンチの種類がありますが、ここではそれぞれのパンチの打ち方やそのコツなどを中心にお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

パンチの打ち方記事一覧

左ストレートが上手く打てますか?左ストレートは、一般的にジャブとして用いられることが多いパンチで、相手に最も近いところから出すパンチになることから、一番当たりやすく、試合を組み立てる攻撃の基本のパンチでもあります。相手にガードする間を与えないで素早く打ち出せば、相手の体勢を崩すきっかけになりますし、相手をけん制するジャブとしても効果的です。また、体をひねりを使って打てば、けん制に用いるジャブとは異...

強烈な右ストレートを打つことが出来ますか?右利きのオーソドックスな選手にとって、左腕を前に出して半身に構えになることから、相手から遠くなり、ジャブとして用いられることが多い左ストレートのように腕を伸ばすだけでは相手にあたりません。その為、右半身が左半身に近づけるように意識して打つのがコツです。右半身を前に出そうとすることで、腰や肩の回転を意識すうるあまり、左半身がそれから逃げるように、後ろに引っ張...

左フックが上手く打てますか?後ろ足を軸に、腰をうまく使いながら回して打つのがフックですね。ダッキングや上体をのけぞるように揺らして、相手の攻撃をかわすスウェーバックで相手のパンチをかわしながら、ここがチャンスと判断したら、ジャブやフェイントなどをかけて、相手の隙を見て懐に飛びこみ、その瞬間に体重を乗せた左フックを打てば、KOも狙えます。そんな基本的な上への左フックの打ち方は、構えた状態から右ストレ...

右フックは一発決まればKOも狙えるパンチですね。右ストレートと同じように強い力を出して打つことができ、基本姿勢から一気に打ち出せ、相手の視野の外から打ち込める反面、当たりにくいので、フェイントなどを使って相手の体勢を崩してから打つパンチです。そんな右フックの打ち方に基本は、右ストレートと同じで、違うのはパンチの軌道だけです。左半身の歯止め的役割を意識しながら右半身を前に出し、このタイミングに合わせ...

左アッパーが上手く打てますか?相手と最も近づいたところで、下から突き上げるようにして打つのがアッパーになりますね。フックよりも更に相手の懐にもぐり込んで、ガードの間を狙うパンチとして使われますが、自分のガードを下げた状態から打つようになる為、カウンターを逆にもらうリスクも高くなります。したがって、左アッパーは、打つ前には拳を下げすぎないことが実戦でのコツです。当然、モーションが大きくなれば相手に見...

右アッパーは一発顔面に決まれば、ダウンンも奪うことが出来る一撃必殺のノックアウトパンチにもなりますね。左アッパーと同じように下から上に突きあげるようにして打つパンチになりますが、後ろの手で打つことから、前の手で打つ左よりも強力なパンチになります。そんな右アッパーの打ち方としては、体の使い方自体は右ストレートと同じですが、相手との距離が近くなるので、前足を一歩踏み出し、そこから右拳を下げて左アッパー...

インサイドを打ち抜くワンツーの打ち方をご存じですか?ボクシングで相手のガードをかいくくり、自分のパンチを当てるには、ワンツーなどの複数のパンチを組み合わせるて打つコンビネーションが欠かせませんね。そして、ジャブ(左ストレート)から右ストレートをワンツーのタイミングでの打つコツは、やや体を内側に捻るようにして左ストレートを打ち、そのまま右ストレートを打ちましょう。このようにすれば、自分の右拳が相手の...

カウンターでクリーンヒットを決めることが出来ますか?カウンターとは、ボクシングで相手の攻撃をとっさにかわして反撃するパンチですね。そして、このカウンターの種類は主に3つに分けることが出来ます。一つ目は相手のパンチが出る瞬間をとらえて、それに合わせてパンチを出して反撃する。二つ目はステッピングやダッキングで相手のパンチを避けながらパンチを出す。三つ目はスウェーバックやブロッキング等で相手のパンチをか...

ボクシングでコンビネーションが上手く出来ていますか?試合では、単にストレートやフックなどを打ってもなかなか当たりません。そこで自分のパンチを当てるには、複数のパンチを組み合わせて、連続して打つコンビネーションを多用することが必要になります。基本は左右のワンツーで、左のストレートを先に出せば、相手は右の顔面を無意識に防御するので、その瞬間に右を打てば、相手のガードが一瞬遅れるので、そこに付け入るよう...

ボディブローが上手く打てますか?ボクシングでボディへの攻めは、おおかたボディブローといわれますね。相手の防御が手薄になりがちなボディを攻撃することで、ガードが下り攻めるポイントも増えますし、ダメージを蓄積させ、フットワークを鈍らせる効果があります。膝を落として、上体を屈め気味になってパンチを繰り出すので、相手の攻撃をかわすことにも繋がるでしょう。そんなボディブローの種類も色々ありますが、左ストレー...

ボクシングの試合ではストレートやフックなどのパンチを単発で打ってもなかなか当たらないものですね。そこで相手のパンチを防御しながら連続してパンチを打つコンビネーションを多用します。そんなコンビネーションの基本は、左・右のストレートを続けざまに打つワンツーですが、ワンパターンな攻撃では相手に簡単に読まれてしまいます。そこで相手の読みの裏をかいて、左ジャブ、左・右のストレート、左フックなどの多彩なパンチ...

フェイントを上手く使えていますか?ボクシングの試合ではたいてい同じレベルの選手とやることになるので、技術や力の差もさほどないものです。それだからこそ、拳を小さく動かしただけで相手は敏感に反応したり、パンチを打たなくても、打つ素振りを見せるだけでも効果があるわけです。例えば、ボディに左のストレートを打つかのように小さく動けば、相手は防御の反応をするので、その際に右フックを打つなど、打つと見せかけて引...

ボクシングのフェイントにも色々なやり方がありますね。その中でも足の動きを使うと効果的なフェイントになります。というのもボクシングの動きは、フットワークを使って行なうので、ある程度経験を積んだボクサーなら、片隅に見える相手の足の動きだけで、次にどう動くのかを判断するからです。特に、オーソドックスのスタイルをするボクサーなら、左足の踏み込みから左フックを打ち出してくることが多いので、それだけフェイント...

ボクシングには、接近戦を得意とするファイタータイプがいますね。その場でショートフックやアッパーなどを使って攻撃するのがインファイトボクサーですが、小柄でリーチが短い選手なら有効なパンチを繰り出す為には、いかにして相手に近づくかが前提になります。接近戦では上半身をかがめたクラウチングスタイルが取られ、インファイトではこの姿勢がとても重要になります。上半身を真っ直ぐにすると、相手から攻撃する的が大きく...

相手からのパンチが届かない位置を保ちながら、チャンスを狙って攻撃に転じるのがアウトボクシングですね。そんなアウトボクサーは身長が高くて、リーチが長い選手が向いており、見た目にもスマートな印象を受けますが、アウトボクシングを可能にする素早いフットワークと的確な判断が出来ないと、試合に勝つことが出来ません。更に、ここぞという好機には、一瞬にして攻撃に移れる距離感を養うことも大切です。そんなアウトボクサ...

右フックのフェイントを有効に使っていますか?右フックは、接近戦を得意とするファイタータイプの選手は使う頻度が多いですが、バランスを崩しやすいパンチでもあるので、アウトボクシングをするボクサータイプはあまり使いませんね。ですが、フェイントならパンチを振り抜かないので体勢を崩してしまう危険も少なくないので、上手く使えば攻撃の幅も広がるでしょう。と言うのも、通常顔への右フックに対しては、相手は顔面をガー...

ボディへの左アッパーカットが上手く打てますか?このパンチは近距離から打たれることが多い顔へのアッパーカットに比べ、遠くから打たれることが多く、それだけスピードある動きが必要になります。難易度は高いですが、溜めこまれたパンチ力の破壊力は凄まじいものがあります。その為、一連の攻撃パターンの一つとして、フェイントからみぞおちなどのコンビネーションの中で使うと相手の反撃の恐れも薄れるので効果的でしょう。ま...